REYLEOのリュックを使って分かった3つのメリット【結論:買って良かった】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

リュックを買おうとは思うけど、何を選んだらいいかわからない…。値段は安くて、機能性は高い、なんていう欲張りなリュックはあるんですかねぇ。

低予算の中でリュックを買おうと思っている人

そんな人の疑問に答えます。

今回の記事は3分で読めます。

当ブログでは参考:【ALLBLACK】黒リュックでオススメの5ブランド|実物動画ありでもオススメのリュックを紹介していますが、こちらで紹介しているリュックはかなり価格が高い部類のものばかりです。

「リュックにしては高くないですか?」という方もいると思い、今回は低予算で高機能のリュックを紹介していきます。

 

そのリュックは僕も使っている「REYLEO」というメーカーのリュックです。

REYLEO公式サイトも店舗もありません。

なので、基本的にはオンライン上で買う必要があります。

これは僕がリュック選びで迷いに迷った挙句見つけたリュックでした。

これを見つけた時は調べた時に公式サイトがなかったので、大丈夫かなと思って購入するのをかなりためらいました。

ですが、アマゾンでのレビューも良かった上に、金額もそんなに高くなかったのでポチりました。

結論から言うとこのREYLEOのリュックは買って正解でした。

これを手に入れた時、「値段と質って比例しないものもあるんだなー」ということを改めて思いましたね。

 

REYLEOを使ってみて分かった3つのこと

①デザインがシンプル

リュックは普段使いを考えているのであれば、デザインはシンプルな方がいいです。

REYLEOは余計な装飾がなく、普段のコーディネートにも馴染みやすいです。

 

②収納力がある

デザインが良いとはいえど、リュックの本来の目的はいうまでもなく「ものを運ぶ」ことにあります。

色々な収納スペースがあれば、さらに使いやすいですよね。

REYLEOはどうかというと、3つの収納スペースから成り立っています。

これらには、鍵などをつけるストラップがついていたり、小物専用の収納スペースがあったりと、地味に便利です。

 

③背負い心地が良く疲れにくい

ショルダー部分にはクッション性と通気性に優れた素材が使われています。

これがあるかないかで、普段の「背負い疲れ」がなくなります。

逆にこういった機能がなければ、肩こりなどがひどくなります。

こういった部分は見落としがちですが、REYLEOはこちらの機能に関しては心配ありません。

 

④撥水性がある

「防水性」ではなく「撥水性」というのがポイント。

防水性は「生地の裏側まで水を通さないこと」、撥水性は「水を弾くこと」を言います。

なので、台風などによる大雨の日はREYLEOのリュックは弱いです。

ですが、日常生活で遭遇する普通の雨であれば、問題ないです。

 

まとめ:価格と質は必ずしも比例するわけではない

REYLEOは3,000円台で買えちゃいます。

他のリュックに比べたら、かなり安いですよね。

それでいて、ご紹介した通り、機能性も高いです。

リュック選びでもし迷っているのであれば、こちらのリュックを試しに買ってみてください。

いつの間にか「これ便利だし、このまま使おう!」という気持ちになっているはずです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© BARALOG , 2018 All Rights Reserved.