2018/08/11

オシャレになるために意識すること|【簡単3ステップ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

あなたは「オシャレをするのは難しい…。」「オシャレってまず何をしたらいいの?」と思っていませんか。

おそらくこの記事にたどり着いたということは、少なくともこういった疑問を持たれているのではないでしょうか。

 

オシャレをすることは奥が深いです。

ただ、「オシャレになる方法が分からない…。」という方は簡単に3つのステップだけ覚えておいてください。

この3つのステップをおさえておくだけで、これからの服装に対しての意識もグッと変わってくるはずですよ。

 

スポンサーリンク

おしゃれになるためには?

ファッションで結果を早く出すためには以下の3点だけを繰り返しやっていれば自然とオシャレになっていきます。

①知識のインプット(本を読む、ネットで調べる)

②知識のアウトプット(実際にお店に行って服を見たり、自分で体験する)

③他の人からのフィードバック(ファッションで重要なのは他人からの評価)

 

①知識のインプット(本を読む、ネットで調べる)

・メンズファッション誌を読む(圧倒的にオススメする2冊のメンズファッション誌!)

・ネットで調べる、ブログを読む(ファッションの教科書)

・ファッションに関するアプリで見本となる人を探す(コーディネートの幅が広がる最強アプリ「WEAR」について)

・ファッションの概念を知る

 

②知識のアウトプット(実際にお店に行って服を見たり、自分で体験する)

①で得た知識などをもとに、質やサイズ感などを実際にショップを調べて実際に行ってみる。

そして、自分で確かめてコーディネートしてみる。

 

 

③他の人からアドバイスをもらう(ファッションで重要なのは他人からの評価)

自分よりオシャレだなと思う人から意見をもらう。
(オシャレな友達などに聞いてみるのもアリです。もし、これができない場合はファションレンタルサービス、ファッションコンサルにお願いするのも良いですね。)

自分はシンプルにこの3つをやり続けました。

 

ちなみに①、②に関しては自分自身とてつもない時間とお金を費やしました。(正直かなり損もしました)

ここの段階はかなり苦労するので、いかに効率よく情報を収集するかが重要になってきます。

そこで、4年間で100万円近くを服に費やして分かった、誰でもすぐにオシャレになれる法則をシェアします。

この法則が分かるまでかなり遠回りして、苦労しました。

これだけ見ても、かなり価値あるものだと思います。

 

また③については服をレンタルするという選択肢もあります。

例えば、メンズであればメンズファッションレンタルサービスleeap、レディースであればエアークローゼットEDISTが有名ですね。

ファションレンタルサービスは自分で迷う時間を省けますし、時間がかなり浮くということを始め、多くのメリットがあります。

参考:服装のセンスがないと思い込むあなたへ【自信を持ちましょう】

 

服を選ぶ時間もないし、面倒臭いと思っている方にはオススメのサービスですね。

 

当ブログでは①を中心に行なっていますが、②と③の機会も提供させていただいております。

こういった方にオススメです。

①実際に店舗やネットショッピングで服を購入する際に、どれが自分にあっているのかが分からない。

②流行りに左右されないようなコーディネートをしたい。

③実際に質やコスパで優れたお店を見つけるまでの労力(時間・お金)がかなりかかるので、面倒臭さを感じている。

 

直接お会いして、皆さんの現状をお聞きし、課題に対してアドバイス致します。

また、実店舗に行き、実際にコーディネートもさせていただきます。

コーディネートでご自身の印象を変えたいと思われる方のみ以下をご覧ください。

 

まとめ

オシャレになるための方法は今回紹介したように多くあります。

その中で個人的にキレイだなと思ったのは今回紹介したような流れです。

 

まずはファッションの概念を学ぶ
例えば本など。

お店や服の種類を知り、コーディネートのパターンなどを自分なりに増やす。
オススメショップ一覧

ファッションの教科書

自分のファッションを客観的に見る
①ファッションレンタルサービスを利用する

ファッションレンタルサービス「leeap」に関しては以下の記事で紹介しています。
※参考:服装のセンスがないと思い込むあなたへ【自信を持ちましょう】

②ファッションコンサルサービスを利用する

 

こんな流れでオシャレを楽しめるといいですね。

ファッションの重要性を知ることができたら、きっとあなたの印象や生き方が変わっていきますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© BARALOG , 2018 All Rights Reserved.