2018/05/12

安くて有名なGUの服が本当にオシャレなのか検証してみた

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「ファッション」をメインテーマにブログを書いています。服に100万近く費やして得た知識・経験から、誰でもオシャレになれる情報をシェアしていきます。HIROYUKIがブログを書くまでのきっかけはこちら

HIROYUKI

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

ファッションコンサルタントのHIROYUKI(@fashionism _log)です。

 

今回はファストファッションで有名な「UNIQLO」を展開するファーストリテイリングの子会社株式会社ジーユーが運営する「GU」について取り上げていきたいと思います。

まずはじめに、GUを知らない方のために、歴史や店舗数などの概要をおさらいします。

 

 

歴史と店舗数

GUは2006年3月に生まれました。

GUの名前の由来は理念の「ファッションを、もっと自由に。」の「自由」の発音をとってGUという風になったそうです。

店舗数は全国に383店舗あります。(2017年11月30日時点)

 

GUの価格帯

GUの価格帯はほとんどのアイテムが2,000円台で購入できる印象です。安すぎですね…笑。

一度GUのオンラインストアをのぞいて見てください。本当に安いです笑

GU オンラインショップ

 

GUのアプリ

また、GUはアプリもあります。

アプリの会員になると、

スマホでアイテムを手軽にチェック出来たり、店舗での購入時にポイントを貯めることなどができます。

そして実店舗購入時のアプリのポイントとオンラインストア上で得たポイントを連動させられるので、便利です。

 

 

ざっと概要を説明しましたが、GUって質はどうなの?とかデザインとかどんな感じ?っていう声も聞こえてきそうですね。

それぞれ順を追って見ていきたいと思います。

 

 

まずUNIQLOとGUの違いについて

上記の表を見て頂ければ、大体違いがわかると思いますが、

GUはUNIQLOと比べて若者向けのデザインで、より低価格だということが大きな違いの部分です。

やっぱり低価格というのは嬉しいですよね。

GUオンラインショップはこちら

 

 

GUの安さの理由

先程もご覧頂きましたが、GUはユニクロよりも低価格というところで差別化を図っています。

では、なぜこんなに安いのでしょうか?

低価格の理由は主に3つあります。

①トレンドアイテムを短期間で売り切る。在庫が削減されるため、コスト削減につながっている。

②商品をハンガーにかけることで作業効率をアップさせている。店員が服をたたみ直す必要がなくなるので、作業効率がアップ

③店舗の半数以上でセルフレジを導入している→こちらも店員の作業効率アップにつながる。

これらの理由から、コストを極限まで下げて、店員の作業効率を向上させることで、2000円台のアイテムをメインに展開できるというわけです。

 

 

GUの各アイテムの質などを検証してみる

メンズ

GU/デニムビッグモッズコート

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/301160

デニム生地のモッズコート。

黒はより大人っぽく、青はより爽やかな雰囲気を醸し出してくれます。

購入する際はシルエットが合っているかどうかをしっかり確認することが大切ですね。

また、デニムの生地感は好き嫌いが分かれそうな生地でもあるので実際に手にとって確かめてみることをオススメします。

商品詳細はこちら

 

 

GU/ビッグテーラードコート

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/300480

サラサラな肌触りの生地のコート。

薄手なので、春先などにはインナーなどを変えるだけで急な気温の変化にも対応できそう。

ポケットも内側などにも付いているため、財布などの収納も楽チンです。

一枚羽織るだけで、キレイ目のコーディネートに映えそうですね。

袖の長さと丈、肩幅を体型にしっかり合わせて着ることが見栄えを更に良くするポイントです。

商品詳細はこちら

 

 

GU/コットンウォッシュドジャケット

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/303379

コットンを100%使ったジャケット。

余計な装飾がなく、一枚持っているだけで、かなりコーディネートの幅は広がりそう。

マスタードイエローの長袖シャツや赤のタートルネックなど、様々な色に合わせられそうなベーシックな色とデザインです。

商品詳細はこちら

 

 

GU/マルチボーダークルーネックセーター

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/298794

色合いも明るく、ボーダーの配色が清潔感のあるセーター。

あえて大きめのシルエットできて、細身のパンツとかに合わせるとK-POP系のコーディーネートができそうです。

薄手のニットなので、一年を通して長く着れそうです。

商品詳細はこちら

 

 

GU/フランネルチェックシャツ

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/290247

チェックシャツは柄によって、少し見栄えが悪くなったりしますが、

この柄はベーシックな柄なので挑戦しやすいです。

また生地感も安っぽくないところがいいです。

女性でも、あえて大きめのサイズで着崩してコーディネートしてみても可愛いと思います。

商品詳細はこちら

 

 

GU/テーパードトラウザー

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/300621

 

キレイ目のコーディネートには欠かせない、トラウザー。

ビジネスカジュアルをはじめ、プライベートでも履けるので、様々な場面で役立ちそうなアイテムです。

細身のシルエットのため、体型をさらにスラッとみせてくれます。

商品詳細はこちら

 

 

GU/トラウザージョガーパンツ

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/303540

機能性とキレイ目な見た目のいいとこどりをしたパンツ。

ウエストがゴム仕様なので、履き心地も良い。

動きやすい生地感もポイントです。

商品詳細はこちら

 

 

GU/デニムワイドペインターパンツ

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/298150

 

 

GUはメンズでもワイドパンツの種類が少し多いなという印象を受けました。

このペインターパンツはトップスをパンツの中にインして履いたり、上下ともにゆるいシルエットで履いたりと色々なコーディネートが楽しめそうです。

ただ、ワイドパンツ全般に言えることですが、余りにもダボっとしすぎるのはシルエット全体を見たときに良くないので、

実際に試着してみて、足首に生地の余りができないか、などを確認することが大切です。

商品詳細はこちら

 

 

GU/フランネルパジャマ

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/290572

肌触りが良いオープンカラー(開襟)のパジャマ。

室内でも快適にオシャレに過ごしたい方には一押しのオススメアイテムです。

商品詳細はこちら

 

 

 

レディース

GU/ノーカラーガウンコート

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/303425

素材感が軽いVネックのコート。

グレーは明るい印象で、黒はより上品なイメージで着こなせそう。

ウエストベルトでシルエットをより引き締めて見せます。

商品詳細はこちら

 

 

GU/ボリュームスリーブコート

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/296063

ノーカラーの上品なデザインのコート。

ベージュ、黒とシンプルな色もありますが、水色も淡い色合いで他のアイテムとも合わせやすそうです。

商品詳細はこちら

 

 

GU/デニムジャケット

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/296059

ショート丈のデニムジャケット。

丈が短めに作られているので、タイトなパンツや大きめのスカートなどの様々なアイテムに合う万能アイテムです。

普段タイト(細い)シルエットのアイテムを好んで着る方には特にオススメのアイテム。

商品詳細はこちら

 

 

GU/ドロストスリーブブルゾン

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/296994

袖の生地がたまるようなシルエットと、リボンのデザインが特徴のブルゾン。

薄手の生地で、春先などに活躍しそう。

写真のようにワイドパンツに合わせても良いですし、スキニーパンツやスカートなど組み合わせてのコーディネートも可能です。

シンプルなMA-1などに飽きた方などにオススメです。

商品詳細はこちら

 

 

GU/エンブロイダリーチュールコンビセーター

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/301590

肩の花柄のデザインと透け感のある生地が特徴のセーター。

肌が透けて見えるので、抵抗がある方はインナーと合わせて着るのがオススメです。

商品詳細はこちら

 

 

GU/ラメパフスリーブセーター

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/300203

ラメが入った素材なので、一見普通のセーターに見えて、よく見るとキラキラ輝いて見えます。

ちょっとした工夫が入ってるアイテムはやはり、差別化に繋がるの良いですね。

商品詳細はこちら

 

 

GU/オーバーサイズフルジップパーカ

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/302837

大きいシルエットのパーカー。

細身のパンツと合わせて着るのがオススメ。

キャップとかもアクセントにいれてみるのもアリですね。

商品詳細はこちら

 

 

GU/カットジャカードガウン(7分袖)

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/301597

ハイビスカス柄のガウン。

透け感のある生地で、インナーをうまく組み合わせることで柄がさりげなく浮き出るのがポイント。

商品詳細はこちら

 

 

GU/ストライプパフスリーブシャツ(7分袖)

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/303529

大きく空いた襟部分が特徴。

ストライプ柄がクリーンな雰囲気を表現してくれます。

商品詳細はこちら

 

 

 

GU/カットソーウエストリボンロングスカート

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/298046

大きめのリボンがデザインされているスカート。

深めのグリーンは案外様々な色と合うので挑戦してみるのもアリです。

ベージュの色合いのアイテムとか、意外と合いますよ。

商品詳細はこちら

 

 

GU/イージーワイドパンツ

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/303028

ウエスト部分がゴム仕様なので、履き心地も抜群です。

落ち着いた雰囲気の大人コーデができそうですね。

商品詳細はこちら

 

 

GU/パジャマ

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/300371

サテン生地を使ったサラサラな肌触りのパジャマ。

袖のフリルのデザインも可愛いです。

商品詳細はこちら

 

 

GU/フラワーモチーフバッグチャーム

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/301499

GUはアクセサリーの種類も豊富です。

こちらのアイテムはバッグなどにつけるアクセサリーで、シンプルなバッグに何かワンポイント入れたいと思ったときに役立ちます。

価格も安いので、試しやすいですね。

商品詳細はこちら

 

 

GU/レザータッチブレスレット

http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/290847

特に大人っぽいキレイ目なコーディネートにオススメしたいアイテム。

レザー素材なので、より上品さを際立たせてくれます。

商品詳細はこちら

 

 

まとめ

GUのアイテム本当に様々な種類が多くて、改めてビックリしました笑

各アイテムにはところどころにトレンドが取り入れられていたりと、シーズンを通して飽きない商品展開をしているのだなと思います。

少しGUのいいところと惜しいところの点をまとめたいと思います。

GUのいいところ

・価格が安い

・トレンドを適度に取り入れたデザイン

・様々なシルエットが展開されている

GUの惜しいところ

・売り切れるのがはやい

・アイテムによって質の違いがある(安いので仕方ないところではありますが)

 

色々紹介しましたが、GUは本当に色々なアイテムが展開されていて、低価格で手に入れることができるので、

この機会に様々なコーディネートに挑戦して見てはいかがでしょうか?

 

GU オンラインショップ

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

Copyright© BARALOG , 2018 All Rights Reserved.