2019/03/12

ウェブカツの口コミや評判が良い理由【実体験をもとに語る】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

ウェブカツっていうプログラミングスクールがあるらしいけど、実際に教わる内容ってどうなのかな?SNS上では口コミや評判とかが良いけど、真実が知りたいので教えてください。

ウェブカツが少し気になっている人

こんな疑問にお答えします。

 

そもそもウェブカツとは

そもそもウェブカツとは

ご自身でも月150万円以上稼がれている「かずきちさん(@kazukichi3110)」が運営するプログラミングスクールです。

講義は動画形式で、HTML/CSSの基本から、PHP、javascriptのフレームワークまで、主にフロントエンドと呼ばれる分野の言語を網羅して学ぶことができます。

また、プログラミングだけでなく、起業や営業に関する知識まで学べるコンテンツもあります。

このため、技術的な部分はもちろん、幅広い知識を身に付けられます。

 

なぜ僕がウェブカツに入ろうと思ったのか

ここからは実際に僕がウェブカツに入るまでの流れに興味がある方だけご覧ください。
(ウェブカツの詳細だけをご覧になりたい方は次の見出しまで読み飛ばしてください)

実は僕自身、プログラミングスクールでは割と有名なTechacademy[テックアカデミー]というところに2ヶ月間通っていました。

そこではPHP/Laravelコースを受講しました。

受講後は独学でプログラミングを学習していましたが、限界を感じる場面があったのとちょうどエンジニアへ転職したのもあり、より力をつけたいと思い、再びスクールに通うことにしました。

ちなみに、未経験からどうエンジニアへ転職したのか?に関しては以下の記事をご覧ください。

ウェブカツを知ったきっかけは運営者のかずきちさん(@kazukichi3110)のQiitaの記事でした。

エンジニアで稼ぐために大切な20のコト

そこではじめてウェブカツを知った、という流れです。

 

ウェブカツに入ろうと思った理由は主に4つ。

①運営者のかずきちさんの考えに共感したから

②プログラミングを稼ぐ「手段」として捉えていたから

③入り口と出口が明確だったから(それを学んでどうなるかがはっきりしていた)

④稼ぐために大切な周辺知識まで学べるから

理由は多くありますが、要するに「稼ぐ」という目的に特化して「プログラミング」を学べると思ったからです。

僕自身もプログラミングの技術を身に付けたいという思いはありましたが、さらに「その技術をどう活かすのか」が大事だと思っていました。

ここが理由の③入り口と出口が明確、と表現した理由です。

僕もプログラミングスクールについては結構調べましたが、ここまで「稼ごう!」と公言しているスクールは他であまり見ないですね笑

 

ウェブカツの口コミ・評判は本当なのか?

おそらく、質問の意図としては「ウェブカツがサクラ(業者)による口コミなんじゃないか?」ということだと思いますが、回答としては「ちゃんとした受講生の生の声」だと断言します。

正直僕も心配性ですし、かなり疑り深いので「ウェブカツって結構評判良いけど、本当なの?」と最初に思ってました。

でも、すぐにそれが「本当の受講生の声」だとわかりました。

理由は以下の2つです。

・ウェブカツについて言及しているSNS上の発信者が「ちゃんとした媒体」を持っていたから

・発信者の内容が「規則的でなく、中身のある内容」だったから

ウェブカツについて言及しているSNS上の発信者が「ちゃんとした媒体」を持っていたから

いわゆるサクラ(業者)と言われているアカウントは元をたどると、ブログなどの発信媒体を持っていることは絶対にありません。

なぜなら、用意する必要がないからです。

一方でウェブカツの受講生の個人アカウントを見ると、結構ブログを持っている方が多いです。

そして過去の発信内容はウェブカツ以外にも、技術的な事やプライベートの事などを発信している感じでした。

 

発信者の内容が「規則的でなく、中身のある内容」だったから

もしサクラ(業者)なのだとしたら、ウェブカツばかりの内容になっており、発信内容が売りたい商材だけに偏る傾向があります。(〇〇めっちゃいい!etc.)

ただ、受講生の方々のツイートには勉強内容などが発信されており、熱心な方々が多いという印象でした。

上記の理由から、ウェブカツの口コミや評判はサクラではない、ということがわかりました。(実際に他のスクールから乗り換えた人も多いようです)

 

ウェブカツのコンテンツ内容

肝心のコンテンツ内容ですが、学ぶ言語は冒頭にお伝えした通り、フロントエンド言語(HTML/CSS/javascript)とPHPなどがメインです。

教材の難易度としては「0からの初心者にとっては少し難しいかな」という印象。

僕がもしウェブカツを0の知識、全くの未経験から受講するのであれば、Progateで基礎も学びつつ、ウェブカツでアウトプットするという形をとると思います。

それぞれの講義は必要最低限の部分だけを厳選して教えているため、応用の部分やわからないことは適宜調べなくてはなりません。

ただ、これはウェブカツに限った話ではなく、実際の実務でもわからないことはある程度自分で解決していく「自己解決能力」は必須です。

これをはやいうちに身に付けられるのは大きなメリットですね。

 

ウェブカツの値段

ウェブカツは現在43,200円です。(現在と表記しているのは値上げなどの価格改定が時々あるからです→もちろん入会した時の価格で受講し続けられます)

通常のプログラミングスクールは20万円以上が普通にかかりますし、その額を払っても学べるのはせいぜい2ヶ月。

月換算だとウェブカツの方がお得ですね。

ただ、月の会費を高いと思うか、安いと思うかは人それぞれです。

僕は他のプログラミングスクールで受講して、比較基準があったため、コンテンツの内容が濃く、どう考えてもコスパ良すぎると思って有料会員になりました。

もし、あなたがプログラミングを本気でやりたいという気持ちがあれば、その気持ちに全力で応えてくれる環境だと言えますよ。

 

【悲報】今後ウェブカツは入会制限がかかるかもしれない

これはまだ確定ではないですが、かずきちさんがTwitterで以下のように公言していました。

今後は値上げはもちろんのこと、定員制になりそうな感じですね。

知名度の向上やユーザーの増加に比例して、運営コストが上がるのは仕方がないことです。

値上げの前に、入会しようか迷っているなら無料体験から始めてから判断してみてはどうでしょうか。

 

【2019.3.12 追記】ウェブカツの料金プランが大きく変わりました。

またウェブカツでは料金プランが変わったようです。

料金プランは基本的に上記の3プランに加えて「学割」「女性割」を加えた料金体系に新しく生まれ変わりました。

学割の料金体系は以下の通り。

女性割は以下の通り。

主婦の方や社会人で働いている女性の方はより利用のハードルがグッと下がりそうですね。

各プランには条件があるので、詳しくご覧になりたい方は公式サイトから確認してみてください。

 

ウェブカツは就職はもちろん、起業を考えている人にも適している

おそらくプログラミングスクールに通おうとしている理由は人それぞれだと思いますが、大半の人は「就職」または「転職」が直近の目標だと思います。

コンテンツの内容に関しては、難易度も少し高いため、こなしていくうちに就職、転職できる力は自然とつくと、実際に受講して思いました。

また「会社に入る」のではなくプログラミングを活かして「起業」という選択肢をこれから考えている人にもウェブカツは適しています。

なぜなら、起業の前後で必要とされている知識まで体型的に学べるのは、数多く存在するプログラミングの中でウェブカツだけ、だからです。

 

ウェブカツに向いている人・向いていない人

ウェブカツに向いている人

・プログラミングを活かして、本気で稼ぎたい人

・はやい段階から自己解決能力を身に付けたい人

・プログラミングの学習をどこからはじめていいかわからない人

ちなみにプログラミングスクールというと、未経験者が受講するというイメージがあるかもしれませんが、ウェブカツの場合は現役エンジニアの方も受講されてます。

ウェブカツに向いていない人

・プログラミングで稼ぐというよりも、技術を事細かに知りたい人

・1から手取り足取り教えてくれるプログラミングスクールを探している人

・対面式でなければ、教えてもらいたくないと考えている人

 

「プログラミングスクールなんかにお金をかけたくない」という人にお伝えしたいこと

プログラミングスクールを選ぶ方の中には「そんなにお金払いたくないなぁ…」という方もいるかもしれません。

確かに無駄にお金は払いたくないですよね笑(僕もそうです)

ただ、「無料のプログラミングスクール」だけはオススメしないです。

人は「無料!」「タダ!」「フリー!」こういう言葉に魅力を感じますが、物事には必ず「裏」があります。

無料のプログラミングスクールの場合、無料でプログラミングを学べる代わりに、既に就職先が決まっています。

そしてその就職先は大体がスキルを身に付けらないSES企業と呼ばれるところ。

無料のプログラミングスクールの実態に僕は、はやめに気付けました。詳しくは以下の記事をご覧ください。

何かを受け取ることは、形はどうであれ何かを支払うことを意味します。

有料のプログラミングスクールであれば、「お金」を。

無料のプログラミングスクールであれば、「就職して無駄に過ごす時間」を。

どちらが大切なのかは、じっくり考えてみてください。(ここは個人の価値観の部分なので。。)

 

まとめ:ウェブカツは「稼ぐ」に特化したプログラミングスクールであり、口コミは真実である

「ウェブカツ」での評判などは実際にSNSで調べてみれば、わかります。

実際に評判は良いですし、自分も受講してみて、今まで学習してきたものがジワジワ繋がってくる感覚があります。

プログラミングスクールは世の中にたくさんありますし、僕も実際にどれがいいのか探すのに一苦労しました。

もちろん、どのプログラミングスクールを選ぶかはあなたの自由です。

ですが、その際には後悔しないような選択をしていただけたらと、僕は思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BARALOG , 2018 All Rights Reserved.